取扱メーカー

メーカー一覧


OPTOGAMA社は、2015年にリトアニアの首都ヴィリニュスに設立されました。R&Dチームは、レーザー、光学システムおよび関連部品の研究開発、生産に10年以上の経験を持ち、レーザー加工、分析、分光、自動車、医療、防衛、等の世界20か国以上のお客様にサービスを提供しています。モーター駆動ビームエキスパンダー、手動ビームエキスパンダー/リデゥーサー、パワーアッテネーター、ビームデリバリーシステムを主に、開発/販売しています。

OPTOGAMA社の計測機器設備
・ZYGO Verifi re 4inch 干渉計
・分光光度計PHOTON RT, High Finess WS6
・ステレオズーム顕微鏡OLYMPUS DZX7
・X線結晶屈折計

モーター駆動式ビームエキスパンダー

Motorised Laser Beam Expander

Optogama社のモーター駆動式ビームエキスパンダーを使えば、モーター駆動により、光学系のアライメントを維持したまま、容易にビーム径を調整できます。

MEXシリーズ製品特徴

・独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用
・優れたポインティング安定性:<0.2mrad
・コンパクトなサイズ
・駆動速度は最少倍率から最大倍率まで1秒
・UV、VIS及びNIRスペクトル範囲で使用が可能なガリレオ型
・ビーム拡散角度調整機構付き
・損傷閾値の高いLIDTコーティング:10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
・波長 : 標準品 1064nm(240nm-2000nmの波長範囲で特注可)


Optogama社独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用しているため、優れたポインティング安定性と小型化の利点を得ました。また、UV、VIS及びNIRの範囲で使用が可能なガリレオ型のエキスパンダーです。駆動速度は最少倍率から最大倍率までを1秒で稼働し、ビームの拡散角度を調整する機構があり、オプションのアッテネーターと統合することも可能です(ビームデリバリーシステムBDSシリーズ)。使用されている全てのオプティクスは、損傷閾値の高いLIDTコーティングの合成石英を採用しておりますので、信頼できるパフォーマンスを実現します。標準品のデザイン波長は、1064nmですが、240nmから2000nmの範囲で特注品対応可能です。


MEXシリーズ標準品仕様

モデル名 MEX13 MEX210 MEX18
設計波長 1064 nm (240nmから2000nmの範囲で特注品対応可)
倍率/
ズーム範囲
1x - 3x
(リニア可変)
2x - 10x
(リニア可変)
1x - 8x
(リニア可変)
倍率調整方式 モーター駆動式
拡がり角 調整可
ポインティング安定性 標準ver:<0.5 mrad / 高安定ver:<0.2 mrad
入射側有効径 8 mm
出射側有効径 22 mm 38 mm 38 mm
回折限界での
最大入射ビーム径
8.0(1x) - 6.0(3x) mm 12.0 (2x) - 3.5(10x) mm 12.0 (1x) - 4.5(8x) mm
レンズ数 3 4 3
透過率 97 % 95 % 97 %
レンズ材質 合成石英
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
サイズ(長さ) 140 mm 210 mm 245 mm

Optogama 総合カタログ(PDF 783KB)

アプリケーション:

・レーザー加工
・分光/分析
・自動車
・医療
・研究/開発


Optogamaその他の製品:

手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサ

レーザービームデリバリーシステム

モーター駆動式レーザーパワーアッテネーター


↑ページのトップへ戻る↑

手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサ

Tunable laser beam expanders / beam reducers

Optogama社の手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサは、連続的にビームの倍率を変えることのあるハイパワーレーザーアプリケーションに最適です。

TEXシリーズ・TREシリーズ製品特徴

・独自のメカニカルスライドレンズ設計を採用
・優れたポインティング安定性:<0.5mrad(TEX)、 <1mrad(TRE)
・コンパクトなサイズ
・UV、VIS及びNIRスペクトル範囲で使用が可能なガリレオ型
・ビーム拡散角度調整機構付き
・損傷閾値の高いLIDTコーティング:10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)


Optogama社独自のメカニカルスライドレンズ設計を採用しているため、優れたポインティング安定性と小型化の利点を得ました。また、UV、VIS及びNIRの範囲で使用が可能なガリレオ型のエキスパンダーです。各タイプともにビームの拡散角度調整機構があります。使用されている全てのオプティクスは、損傷閾値の高いLIDTコーティングの合成石英を採用しておりますので、信頼できるパフォーマンスを実現します。主な標準品のデザイン波長は、1064nmですが、240nmから2000nmの範囲で特注品対応可能です。


TEXシリーズ標準品仕様

モデル名 TEX18 TEX13
設計波長 1064 nm (240nmから2000nmの範囲で特注品対応可)
倍率/
ズーム範囲
1x - 8x
(リニア可変)
1x - 3x
(リニア可変)
倍率調整方式 手動可変式
拡がり角 調整可
ポインティング安定性 <0.5 mrad
入射側有効径 8 mm 10 mm
出射側有効径 40 mm 22 mm
回折限界での
最大入射ビーム径
8.0(1x) - 4.5(8x) mm 10.0 (1x) - 6.0(3x) mm
レンズ数 3
透過率 97 %
レンズ材質 合成石英
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
サイズ(長さ) 210 mm 140 mm

TREシリーズ標準品仕様

モデル名 TRE13 TRE13SH TRE13TH
設計波長 1020-1070 nm 510-535 nm 343-355 nm
* 240nmから2000nmの範囲で特注品対応可
倍率/ズーム範囲 0.33x - 1x(リニア可変)
倍率調整方式 手動可変式
拡がり角 調整可
ポインティング安定性 <1 mrad
入射側有効径 10.5 mm
出射側有効径 8.0 mm
回折限界での最大入射ビーム径 10.0 mm
レンズ数 3
透過率 97 %
レンズ材質 合成石英
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
サイズ(長さ) 120 mm

Optogama 総合カタログ(PDF 783KB)

アプリケーション:

・レーザー加工
・分光/分析
・自動車
・医療
・研究/開発


Optogamaその他の製品:

モーター駆動式ビームエキスパンダー

レーザービームデリバリーシステム

モーター駆動式レーザーパワーアッテネーター


↑ページのトップへ戻る↑

レーザービームデリバリーシステム

Laser beam delivery systems

Optogama社のレーザービームデリバリーシステム。モーター駆動式ビームエキスパンダー(MEXシリーズ)とアッテネーター(LPAシリーズ)を組み合わせることにより、1つのデバイスでレーザービームを拡大するだけでなく、出力を減衰することができます。

BDSシリーズ製品特徴

・独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用
・優れたポインティング安定性:<0.2mrad
・コンパクトなサイズ
・駆動速度は最少倍率から最大倍率まで1秒
・UV、VIS及びNIRスペクトル範囲で使用が可能なガリレオ型
・ビーム拡散角度調整機構付き
・損傷閾値の高いLIDTコーティング:10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
・波長 : 標準品 1064nm(240nm-2000nmの波長範囲で特注可)
・ビームダンプ(オプション)


Optogama社独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用しているため、優れたポインティング安定性と小型化の利点を得ました。また、UV、VIS及びNIRの範囲で使用が可能なガリレオ型のエキスパンダーです。各タイプともにビームの拡散角度調整機構があります(アッテネーター単体には調整機構はありません)。使用されている全てのオプティクスは、損傷閾値の高いLIDTコーティングの合成石英を採用しておりますので、信頼できるパフォーマンスを実現します。主な標準品のデザイン波長は、1064nmですが、240nmから2000nmの範囲で特注品対応可能です。BDSのハウジングに熱の影響がかからないよう、LPAの出力窓から2次レーザービームをビームダンプ(オプション)に逃がすことができます。


BDSシリーズ及びLPAシリーズ標準品仕様

モデル名 BDS13 BDS210 BDS18 LPA
設計波長 1064 nm (240nmから2000nmの範囲で特注品対応可)
倍率/
ズーム範囲
1x - 3x
(リニア可変)
2x - 10x
(リニア可変)
1x - 8x
(リニア可変)
-----
調整方式 モーター駆動式
拡がり角 調整可 調整不可
ポインティング
安定性
標準ver:<0.5 mrad / 高安定ver:<0.2 mrad
入射側有効径 8 mm
出射側有効径 22 mm 38 mm 38 mm 8 mm
透過率 95 % 95 % 95 % 97 %
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
パワー減衰率 0.1-95.0 % 0.1-95.0 % 0.1-95.0 % 0.1-97.0 %
サイズ(長さ) 215 mm 285 mm 285 mm 91 mm

Optogama 総合カタログ(PDF 783KB)

アプリケーション:

・レーザー加工
・分光/分析
・自動車
・医療
・研究/開発


Optogamaその他の製品:

モーター駆動式ビームエキスパンダー

手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサ

モーター駆動式レーザーパワーアッテネーター


↑ページのトップへ戻る↑

モーター駆動式レーザーパワーアッテネーター

Laser power attenuators

Optogama社のモーター駆動式レーザーパワーアッテネーターを使えば、モーター駆動により、光学系のアライメントを維持したまま、容易にレーザーパワーの制御と安定化を行えます。

LPAシリーズ製品特徴

・独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用
・優れた安定性
・コンパクトなサイズ
・駆動速度は0.1秒
・損傷閾値の高いLIDTコーティング:10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
・波長 : 標準品 1064nm(240nm-2000nmの波長範囲で特注可)
・ビームダンプ(オプション)


Optogama社独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用しているため、優れた安定性と小型化の利点を得ました。使用されている全てのオプティクスは、損傷閾値の高いLIDTコーティングの合成石英を採用しておりますので、信頼できるパフォーマンスを実現します。標準品のデザイン波長は、1064nmですが、240nmから2000nmの範囲で特注品対応可能です。ハウジングに熱の影響がかからないよう、LPAの出力窓から2次レーザービームをビームダンプ(オプション)に逃がすことができます。


LPAシリーズ標準品仕様

モデル名 LPA
設計波長 1064 nm (240nmから2000nmの範囲で特注品対応可)
調整方式 モーター駆動式
有効径 8 mm
パワー減衰率 0.1-97.0 %
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
駆動速度 0.1 秒
解像度 0.1 %
寸法 45 x 45 x 91 mm

Optogama 総合カタログ(PDF 783KB)

アプリケーション:

・レーザー加工
・分光/分析
・自動車
・医療
・研究/開発


Optogamaその他の製品:

モーター駆動式ビームエキスパンダー

手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサ

レーザービームデリバリーシステム


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

↑ページのトップへ戻る↑