取扱製品一覧

レーザー・光源

光検出器・測定器・分光器

光学デバイス

レーザー部品 / 光学部品

PLUTO-2 Phase Only 空間光変調器(反射型)

PLUTO-2 Phase Only Spatial Light Modulator (Reflective)

PLUTO-2 製品概要

PLUTO-2 Phase only 空間光変調器(SLM)は、標準的なデジタルビデオインタフェース(HDMI)を備えたドライバユニットとフルHD解像度(1920×1080ピクセル)、ピクセルピッチ(8.0μm)、アクティブエリア(対角線0.7(インチ)型、アスペクト比 16:9)のPhase only LCOS(Liquid Crystal on Silicon)マイクロディスプレイで構成されています。


PLUTO-2空間光変調器 - マイクロディスプレイの特長
ディスプレイタイプ: 反射型LCOS(Phase Only)
解像度: 1920 x 1080
ピクセルピッチ: 8.0μm
フィルファクター: 93 % (dependent on version)
アクティブエリア: 15.36 x 8.64 mm (0.7″ Diagonal)
アドレス: 8ビット(256グレーレベル)
シグナルフォーマット: DVI - HDTV Resolution
フレームレート: 60 Hz

PLUTO-2はプラグ&プレイ位相変調器デバイスであり、標準的グラフィックスカードを介し位相モニタリングデバイスとして機能することができます。ビデオ信号の緑色チャンネルが、8ビットグレーレベルパターンのアドレス指定に使用されます(SLMのネイティブ解像度がアドレス指定される必要があります)。アドレッシングは、付属のパターンジェネレータソフトウェアまたはSLMスライドショープレーヤーソフトウェアあるいは標準的イメージビューアソフトウェアを使用して行うことができます。HOLOEYEではまた、様々なプログラミング言語用のAPI(Application Programming Interface)SLMディスプレイソフトウェア開発キット(SDK)も提供しております。


HOLOEYEではPLUTOドライバユニットで駆動することができる数種類のディスプレイを提供しています。それぞれのディスプレイは波長範囲ごとに最適化されております。全てのディスプレイにおいて高信頼性を有する高速フルデジタルアドレッシングとまた、基本的に2つの電圧生成しか必要としないために小型化に成功したドライバユニットが採用されております。


PLUTO-2のドライバは、位相関数のアドレッシングのためのHDMIインターフェースと、ドライバと通信するための(電圧vsグレーレベル分布(=ガンマ制御)& 異なる波長のSLMを較正するためのダイナミックレンジ(LCセルの両端の電圧)に使用されるための)USB接続を採用しています。このほかに、ドライバにはデバイスを外部デバイスと同期させるトリガ同期出力を備えています。


PLUTO-2ドライバにはまた、オンチップメモリが含まれるデュアルコアARM®Cortex™-A9プロセッサも搭載されております。これにより、ユーザーは、PLUTO-2デバイス上で直接処理される付加的な機能(例えば、USBフラッシュや内部メモリからロードされた画像からのスライドショーなど)をプログラムすることが可能になります。デュアルコアシステムは、組み込みLinux™SMPオペレーティングシステムを実行し、ディスプレイとドライバボードの完全な制御と管理を提供するライブラリを備えています。PLUTO-2では、SerialおよびEthernet-over-USB2(RNDIS)インターフェイス経由でのアクセスを提供し、標準のUbuntu™クロスコンパイルGCCツールチェーンを使用してプログラミングすることができます。


PLUTOのディスプレイは約60%〜95%の反射率 (ディスプレイバージョンに依存)、80%以上の回折効率になります。これによりアドレス可能な回折素子あたりのトータルの光利用効率は50%以上になります。


SLM 総合カタログ(PDF 350KB)



PLUTO ディスプレイラインアップ

標準的なPLUTO-VISとPLUTO-NIRバージョンのほかに特別なハイリターデーションを利用可能なHRバージョンもございます。これはスタンダードディスプレイに比べてかなり高い位相差を示し、より安定したアドレッシングを可能にし、またmod4πおよびmod6π位相関数をアドレス指定することができます。またこれはより高いスロープを可能としますので、波面補正機能のために有益です。mod2πエンコーディングに比べアドレス指定された関数内の遷移点を減らすことができるためです。


デジタル的にアドレス指定されたデバイス用のパルスコード変調はわずかに重ね合わせられた位相ちらつきをもたらします。いくつかのアプリケーションには安定した位相応答が要求されます。しかし、これは、応答時間を犠牲にすることによって、2π位相遅延での低電圧設定でもってハイリターデーションパネルを駆動すれば達成することができます。


一部のPLUTO SLMディスプレイには、反射率を90%以上に高めるための誘電体ミラーコーティングが施されています。 増加した反射率のために、吸収はより少なくなり、これらのディスプレイは標準バージョンと比較してより高い入射レーザパワーで使用することができます。


バージョン 波長範囲 反射率 最大位相変調量 付注 推奨
PLUTO-2-UV-043 350 - 420 nm 90 % 2.8 π @ 355 nm
2.3 π @ 405 nm
誘電体ミラー UV耐性
高出力用
PLUTO-2-VIS-014 420 - 650 nm 65 % 3.9 π @ 530 nm
2.9 π @ 650 nm
高速応答時間
PLUTO-2-VIS-016 420 - 650 nm 67 % 6.7 π @ 530 nm
5.4 π @ 633 nm
ハイリター
デーション
低位相ちらつき
PLUTO-2-VIS-020 530 - 650 nm 75 - 80 % 8.2 π @ 530 nm
6.3 π @ 633 nm
高い位相シフト
PLUTO-2-VIS-056 450 - 650 nm 93 - 95 % 2.5 π @ 530 nm
2.1 π @ 633 nm
誘電体ミラー 高出力用
PLUTO-2-NIR-011 420 - 1100 nm 65 - 75 % 4.5 π @ 530 nm
2.6 π @ 850 nm
2 π @ 1064 nm
広帯域用
高速応答時間
PLUTO-2-NIR-015 650 - 1100 nm 65 - 73 % 4.4 π @ 850 nm
3.7 π @ 1064 nm
ハイリター
デーション
低位相ちらつき
PLUTO-2-NIR-002 1000 - 1100 nm 62 % 2 π @ 1064 nm
PLUTO-2-NIR-049 1000 - 1100 nm 93 % 2 π @ 1064 nm
PLUTO-2-NIRO-023 1000 - 1400 nm 74 % 4.1 π @ 1400 nm 誘電体ミラー 高出力用
PLUTO-2-TELCO-013 1400 - 1700 nm 80 % 3.5 π @ 1550 nm
(*現在ご利用いただけません)

PLUTO-2空間光変調器 キット内容

PLUTO-2 SLMドライバボックス
Phase only ディスプレイ
(フレックスケーブル付)
HDMIケーブル
USBケーブル
電源(12V DC)
マグネット式
ディスプレイ用マウント
デバイス用マウント
取扱説明書
USBフラッシュドライブ:
ドキュメント
ソフトウェアパッケージ



PLUTO位相変調器 - ソフトウェア特徴

PLUTO phase only 変調器は、標準的なグラフィックカードにありますDVI・HDMIインターフェイスを使用することによって、いわゆる外部モニターのように使用することができます。SLMを操作するために追加のソフトウェアや専用ハードウェアは必要ではありません。

デバイスにはConfiguration Managerソフトウェアが付属しています。 構成マネージャを使用して、新しいガンマカーブまたは別のデジタル駆動方式を適応させることで、幾何学的設定、輝度、コントラストおよび電気光学応答を変更することができます。 これらの高度なデバイス較正は、コンピュータの仮想COMポートへUSB接続をして行われます。


加えてHOLOEYE SLMパターン・ジェネレータソフトウェアも同封されております。
主な機能は以下のとおりです。

SLMパターン・ジェネレータソフトウェア

・ ユーザー定義の画像による計算機合成ホログラム (CGH)
・ 基本的な光学機能を表すSLM信号の生成(レンズ、回折格子、アキシコン、ボルテックスなど)
・ 基本的な光学的機能の結合、CGHの重ね合わせ


さらにSLM Slidwshow Playerソフトウェアも付属しています。

SLMスライドショープレーヤーソフトウェア


また、SLMディスプレイSDKは、HOLOEYE 空間光変調器上に直接画像とデータ/位相アレイを表示するためのさまざまなプログラミング言語用のAPI(Application Programming Interface)をダウンロードにて提供しております。

SLMディスプレイソフトウェア開発キット(SDK)

・ National Instruments LabVIEW 8.6 and later
・ MathWorks MATLAB® R2009b and later
・ Octave 4.x
・ Python™ 2.7 and 3.x


PLUTO ソフトウェア特徴
SLMコンフィグレーション
マネージャーソフトウェア
ジオメトリ/ガンマ制御
SLMパターン
ジェネレータソフトウェア
基本的DOEコンピュテーション、
光学的機能生成(円形絞り、フレネルゾーンレンズ、アキシコン、シングル・ダブルスリット...)、グレーティング(鋸歯状溝・正弦波状溝)、関数重ね合わせ(プリズム、ゼルニケ多項式...)
SLMスライドショー
プレーヤー
ユーザー定義による計算された機能や画像のスライドショー再生
SLMディスプレイSDK LabVIEW、MATLAB®、Octave、またはPython™を使用して、画像とデータ/位相配列を直接表示するAPI

ドライバ外形寸法(単位:mm)


デイスプレイ外形寸法(単位:mm)


SLM 総合ページはこちら


↑ページのトップへ戻る↑