取扱製品一覧

レーザー・光源

光検出器・測定器・分光器

光学デバイス

レーザー部品 / 光学部品

モーター駆動式ビームエキスパンダー

Motorised Laser Beam Expander

Optogama社のモーター駆動式ビームエキスパンダーを使えば、モーター駆動により、光学系のアライメントを維持したまま、容易にビーム径を調整できます。

MEXシリーズ製品特徴

・独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用
・優れたポインティング安定性:<0.2mrad
・コンパクトなサイズ
・駆動速度は最少倍率から最大倍率まで1秒
・UV、VIS及びNIRスペクトル範囲で使用が可能なガリレオ型
・ビーム拡散角度調整機構付き
・損傷閾値の高いLIDTコーティング:10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
・波長 : 標準品 1064nm(240nm-2000nmの波長範囲で特注可)


Optogama社独自のメカニカルクローズドループスライドレンズ設計を採用しているため、優れたポインティング安定性と小型化の利点を得ました。また、UV、VIS及びNIRの範囲で使用が可能なガリレオ型のエキスパンダーです。駆動速度は最少倍率から最大倍率までを1秒で稼働し、ビームの拡散角度を調整する機構があり、オプションのアッテネーターと統合することも可能です(ビームデリバリーシステムBDSシリーズ)。使用されている全てのオプティクスは、損傷閾値の高いLIDTコーティングの合成石英を採用しておりますので、信頼できるパフォーマンスを実現します。標準品のデザイン波長は、1064nmですが、240nmから2000nmの範囲で特注品対応可能です。


MEXシリーズ標準品仕様

モデル名 MEX13 MEX210 MEX18
設計波長 1064 nm (240nmから2000nmの範囲で特注品対応可)
倍率/
ズーム範囲
1x - 3x
(リニア可変)
2x - 10x
(リニア可変)
1x - 8x
(リニア可変)
倍率調整方式 モーター駆動式
拡がり角 調整可
ポインティング安定性 標準ver:<0.5 mrad / 高安定ver:<0.2 mrad
入射側有効径 8 mm
出射側有効径 22 mm 38 mm 38 mm
回折限界での
最大入射ビーム径
8.0(1x) - 6.0(3x) mm 12.0 (2x) - 3.5(10x) mm 12.0 (1x) - 4.5(8x) mm
レンズ数 3 4 3
透過率 97 % 95 % 97 %
レンズ材質 合成石英
損傷閾値(LIDT) 10 [J/cm2] (10 ns @ 1064 nm)
サイズ(長さ) 140 mm 210 mm 245 mm

Optogama 総合カタログ(PDF 783KB)

アプリケーション:

・レーザー加工
・分光/分析
・自動車
・医療
・研究/開発


Optogamaその他の製品:

手動可変式ビームエキスパンダー・ビームレデューサ

レーザービームデリバリーシステム

モーター駆動式レーザーパワーアッテネーター



フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。