取扱製品一覧

レーザー・光源

光検出器・測定器・分光器

光学デバイス

レーザー部品・光学部品

Vortex フェイズプレート

Vortex phase plate

RPC Photonicsの螺旋状位相板と言われるVortex Phase Plate(ボルテックスフェイズプレート)は、入射波面の位相を段階的にシフトし螺旋状に変化させるための素子です。


アプリケーション例

・ 粒子の補足と操作(Particle trapping and manipulation)
・ ビーム成形(Beam shaping)
・ 光ピンセット(Optical tweezers)
・ 通信と暗号(Communications and cryptography)
・ 天文学(Astronomy)


特徴

Vortex Phase Plateは、入射ビームを高効率で連続的に変化させる渦状の面(vortex surface)を生成するために、グレースケールリソグラフィを用いて作られています。よくある別の方法でボルテックスビームを生成する際に見られる歪みを得ることなく、最大効率を得られるアナログ表面レリーフパターンのボルテックスフェイズプレートを製造するために独自のレーザーライティングプロセスを利用しています。

また、連続位相レリーフ面として任意のボルテックスパターンを生み出すことができます。パターンの全般的な位相関数(f)は下記の式で表せます。

f(Θ) = exp(imΘ),

mはチャージ数を表し、Θは極角(polar angle)です。

下の絵は理論上の面レリーフ(左絵)とチャージ1のボルテックスパターンプロファイル測定(右絵)との比較です。


一方下記はチャージ2のボルテックスパターンをプロファイル測定したものです。


下図は製品寸法で、薄膜のポリマーレプリカをガラス基板に接着した作りになっています。



標準品ラインアップ

RPC Photonicsでは様々な使用波長とチャージ数に応じたボルテックスフェイズプレートを提供しています。


モデル名 チャージ数

VPP-1a

1

VPP-1b

1

VPP-1c

1

VPP-2

2

VPP-m589

1 〜 8

VPP-m633

1 〜 8

VPP-m1064

1 〜 8

VPP-m1340

1 〜 8

VPP-m1550

1 〜 8

VPP-m1792

1 〜 8

VPP-1a


VPP-1b


VPP-1c


VPP-2


VPP-m589


VPP-m633


VPP-m1064


VPP-m1340


VPP-m1550


VPP-m1792



以下全ラインアップのカタログです。

カタログ(PDF 683KB)



お問い合わせ